×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

FX用語 レバレッジ

FXの用語としてレバレッジという用語があります。FXを知らない人には想像もつかないかも知れません。レバレッジを直訳すると「てこの原理」という意味になります。FXでは少ない資金で大きな金額を動かす事が可能です。それがてこの原理のようなので、レバレッジという名前がついたそうです。FXではこのレバレッジが非常に大きな魅力となっているの知っておく必要があります。FXでは証拠金が担保になり、その10倍、100倍といった外貨取引きが可能となっています。これがレバレッジです。1ドルが100円の時に、1万ドル買うには100万円が必要になってきますが、レバレッジ10倍で取引きすれば、10万円の担保で1万ドル買うことが可能です。レバレッジを高くすれば、もっと大きな額を動かすことも可能ですが、儲ける可能性と比例して大きくなっていくリスクがある事を忘れてはいけません。必ずリスクの管理もしながら、自分に合ったレバレッジを選んでください。

スポンサード リンク

FX用語 チャート

FXとはForeign Exchangeの略で、外国為替取引を略したものですが、現在では、外国為替証拠金取引という意味で使われます。FXの用語でチャートというものがあります。チャートとは、過去の価格の推移を記録してグラフに表しています。FXのチャートでは、ローソク線が用いられるのが一般的です。日足チャート・週足チャート・月足チャート
があり、FXの投資家たちは将来の価格の変動をチャートを分析し、将来の価格の変動を予想します。FXをする上でチャートは非常に重要なものです。その日の始めの値段が始値、その日最後の値段を終値、その日1日で一番高い値段を高値、一番安い値段を安値といいます。これらを総称して「4本値」といいます。ローソク足は、FXのチャートはこの4本値が一目で分かるようになっています。

FX用語 システムトレード

FXのシステムトレードとは、機械的に決められたプログラムをもとに決まったルールで売買取引を行う方法のことです。システムトレードでは、データに振り回され、感情に流されて売買することはありません。FXのシステムトレードにも多くの種類があります。この種類とは決められたルールや機械的なプログラムの内容が違うと言う事です。ルールやプログラムにより、資金管理から売買まで全てを補うシステムもあれば、部分的に対応しており、その他の部分は人の手で管理・売買するものまで様々です。FXシステムトレードのソフトは自分で作成する事も可能ですが、フリーソフトやFX業者が販売している物もあります。初心者は配布・販売されているものを利用するのも良いですが、多くの投資家はFXシステムトレードを利用する場合、オリジナルのシステム・プログラムを作っている人が多いです。

Copyright © 2008 FX初心者が知っておきたいFX用語